勉強

大学の勉強ってどんな感じ?現役大学生が勉強法を解説!

・大学の勉強ってどんな感じなんだろう

・大学はどれくらい、どのように勉強すればいいのだろう

これから大学生になる方や勉強が苦手な大学生の中には、このように思っている方もいるでしょう。

大学の勉強は、いくつか高校までの勉強と違う部分があります。

大学の勉強とはどんなものかを理解していくことで、学びをより深められたり、単位を取りやすくなったりするでしょう。

そこで今回は、現役大学生の僕が「大学の勉強」について詳しく説明していきます。

大学の勉強とは?

大学の勉強は「主体性」が求められます。

高校までの勉強は、学校の先生が一人ひとり丁寧に勉強を教えてくれますが、大学の大人数で行う講義だとそうはいきません。

また、「これを勉強しなさい」という科目は少ないですし、時間割も自由、授業の出席義務もほぼないため、勉強をサボろうと思えばいくらでもサボれます。

大学は専門分野を深く学びたい人だけが来る場所ですから、勉強の義務がないのは当たり前ですね。

そのため授業から自分で興味のある分野を見つけて、それについて主体的に深く学習していくというのが、一般的な大学の勉強スタイルとなっています。

大学生の勉強時間

大学生は平均的にどのくらいの時間勉強しているのでしょうか?

2018年、東京大学 大学経営政策研究センターは「全国大学生調査(大学生における一週間の学習時間のデータ)」を発表しました。

全国大学生調査(こちら)のデータをもとに作成

ちなみに、「授業以外の勉強」は読書やプログラミングなどです。

上記のデータを見ると、課題や予習・復習の勉強時間は週1~2時間が最も多いことが分かります。また、10%の大学生は授業以外で一切勉強していません

実際、僕の周りの大学生もテスト期間以外はあまり勉強しない人が多い印象ですね。

ただ、当たり前ですが勉強しないと単位はもらえません。

単位を落としすぎると大変なことになるので、ある程度は勉強しておきましょう。

▼単位を落とすとどうなるか知りたい方はこちら

大学で単位を落としたらどうなるの?現役大学生が具体的に解説! こんにちは、大学生ブロガーのうしです! 大学生 大学で単位を落としたらどうなるのかな単位を落としてしまって留年するか心配必修科目...

大学生におすすめの勉強法

大学の勉強は専門性が高いため高校の勉強よりも難易度が高いと言えます。また、油断してきちんと勉強しなかった場合、単位を落としかねません。

そこでここからは、大学生におすすめの勉強法を5つ紹介します。

分からないところは教授に質問する

大学の勉強は難しいため、授業内容があまり分からないこともあるでしょう。

大人数の講義だと、生徒一人ひとり丁寧に指導するのは困難ですし、教授は研究のプロであり、勉強を教えるプロではありません

そのため、授業を聞いても内容が分からないことはよくあります。

そんなときは教授に進んで質問するのがおすすめです。授業で分からなくても、個別で質問すれば内容を理解できるようになるかもしれません。

友達に授業内容を教えてもらう

先程も述べたように、「大学の授業が分からない」ということはよくあります。

教授に質問するのは気が引ける、という方は友達に教えてもらうといいでしょう。

特にテスト前は数名で集まって勉強会をすると、分からないところを教え合えるのでおすすめです。

また、友達同士で過去問の情報を共有したり、欠席した回のプリントを見せあったりなどのメリットもあります

テストの重要度が高い科目に時間をかける

大学は科目によってテストの重要性が異なります。

例えば、テストの点数だけで評価を決める科目もあれば、テストよりレポートや授業態度を重視する科目もあります。

そのため、テストの重要性が高い科目を優先的に勉強するのが効率的です。

評価基準はシラバスを見たり、一回目の授業のレジュメを見たりすれば分かります。履修登録の際やテスト前にはテストのウエイトがどのくらいか確認しておきましょう。

カフェ or 図書館で勉強する

大学生は自由な時間が豊富にあり、勉強する時間は多いと言えます。

しかし、なかなか勉強のやる気がでない方もいるでしょう。そんなときは環境を変えてみるのがおすすめです。

個人的には、カフェか図書館が集中できます。

特に図書館は無料で使えるうえ、静かなので勉強に集中しやすいです。ただ、テスト前になると大学の図書館はものすごく混みます。

そんなときは、カフェ・公民館・大学の空き教室などを使って勉強すると良いでしょう。

iPadを活用する

大学生はiPadを活用して勉強するのがおすすめです。

iPadを活用するメリットは6つあります。

  • 資料やノートの整理が楽になる
  • 手書きのメモを楽に取れる
  • 印刷する手間がいらない
  • 分からないところを簡単に調べられる
  • オンライン授業でも使える
  • 他のアプリを同時に使える

iPadを使うとこれらのメリットが得られます。特に、紙を使う必要がなくなる点は非常に大きいですね。

現在iPadはさまざまな種類がありますが、大学生が選ぶなら「iPad Air」をおすすめします

Apple Pencilの第2世代やMagic Keyboardに対応しており、iPad Pro第4世代とほぼ同等のスペックでありながら値段が2万円以上安いからです。

実際僕もiPad Airを購入したのですが、パソコンとしても使えるのでコスパ最強だと感じましたね。

▶Apple公式ページはこちら

iPadにおすすめのノートアプリ

iPadで使う、おすすめのノートアプリは「GoodNotes」一択です。

  • 簡単に画像を貼り付けられる
  • 検索機能がある(手書き文字も検索可能)
  • フォルダ分けができる
  • 自動でバックアップを取ってくれる

このように、GoodNotesはすばらしい機能が豊富に備わっています。アプリは有料で980円かかりますが、それ以上の価値はあるでしょう。

▼GoodNotesはこちらから!

GoodNotes 5

GoodNotes 5

¥980posted withアプリーチ

大学以外の勉強もするべき!

「きちんと大学の勉強に取り組んでいて単位を取れる!」という方は大学以外の勉強にチャレンジするのがおすすめです。

大学以外の勉強は、以下のようなものが挙げられます。

  • プログラミング
  • ライティング
  • TOEIC
  • Webデザイン

これらを勉強すれば、さらに知識やスキルを得られるため、他の学生と差をつけられます。

また、身につけたスキルのおかげで就活の幅が広がったり、転職しやすくなったりということもあるでしょう。

中でもプログラミングスキルは、身につけることで多くのメリットが得られます。

  • 高収入を狙える
  • 場所に縛られずに働ける
  • 時間に縛られずに働ける
  • ロジカル思考が身につく
  • 情報化社会に対応できる

このように、プログラミングを学ぶことによって、不安定な時代を生き抜くスキルが身につき、場所や時間に束縛されない自由な生き方を選択することが可能です。

大学生は自由な時間が豊富にあるため、スキルを身につける絶好の機会だと言えます。

将来の選択肢を広げたい方や、時間を持て余している方は、ぜひ大学以外の勉強にもチャレンジしてみてください!

▼大学生がプログラミングを勉強すべき理由についてはこちら

大学生はプログラミングを学習するべき!経験者が学習の手順まで解説します。 大学生 ・大学在学中になにかスキルを得たい・就活をより楽に進めたい・大学にいる間、少しでも多くのことを学びたい 大学生の中には...

まとめ

今回は「大学生の勉強」について解説してきました。

大学の勉強は、専門性が高く主体性が求められるため、今までの勉強より難しく感じるかもしれません。

友達と協力し合ったり勉強法を工夫したりして単位を取れるように頑張りましょう。

また、単位取得に不安がない方は積極的にスキルを身につけていくのがおすすめです。特にプログラミングスキルは身につけると多くのメリットがあります。

勉強の不安を無くし、自分の市場価値を高めて大学生活をさらに充実させましょう!

▼あなたにおすすめの記事

【大学生必見】勉強のモチベーションをあげるアイテム5選 こんにちは!大学生ブロガーのうしろです。 大学生の皆さん、大学生活はとても楽しいですよね! 毎日充実した生活を送る一方で、...
大学生の単位を徹底解説!取得単位数の目安から単位を取るコツまで 大学生にとって「単位を取る」ということは、大学を4年間で無事に卒業するための必須項目です。 しかし、これから大学になる高校生の中...
大学で留年するとどうなるか?デメリットや就職の影響など解説 こんにちは、現役大学生ライターのうしろです! 「留年」は、大学生にとって最も避けたいことです。しかし、中には留年した人、留年しそ...

▶その他大学関連の記事はこちら

ABOUT ME
うし
都内の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。 座右の銘は、「時は金以上なり」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA