一人暮らし

【大学生の生活費】実家と一人暮らしの差は?具体的な節約方法も解説!

こんにちは、大学生ブロガーのかめです!

生活費に悩みを
抱えている

・大学生の生活費平均はいくらなんだろう?
・大学生活の出費を把握しておきたい

「これから一人暮らしを考えている大学生」「子供が一人暮らしを始める保護者の方」の中には、このように思っている方も多いのではないでしょうか?

加えて近年は、コロナ禍の影響もあり経済的な不安が尽きないと思います。

そこで今回は現役大学生の僕が、「大学生の生活費から、実家ぐらしと一人暮らしの差、生活費の節約方法」など幅広く解説していきます。

本記事をご覧になれば、生活費の内訳や金額を明確に把握できるため、適切な資金運用ができるでしょう。

大学生の一人暮らしに掛かる生活費はいくら?

stacked round gold-colored coins on white surface

【一人暮らし大学生】1年間の生活費と平均支出額

国立大学公立大学私立大学平均
食費29万8800円25万6800円28万1500円28万6400円
住居・光熱費50万7100円44万4200円45万8400円47万1300円
保健衛生費3万7000円3万8800円3万8800円3万8200円
娯楽費15万600円15万5100円15万9900円15万6900円
その他15万8300円15万7400円16万1800円16万0400円
合計115万1800円105万2300円110万0400円111万1400円

出典:平成30年度学生生活調査

表からわかるように、住居費全体の4割と最も多い割合を占めています。

しかし、都心部と地方では住居費に2万〜3万円ほどの差があるため、地方の大学に通う大学生はもう少し低い支出額になります。

【一人暮らし大学生】1年間の学費と生活費

学費生活費合計
国立大学61万4000円115万1800円176万5800円
公立大学62万9000円105万2300円168万1300円
私立大学139万4900円110万0400円249万5300円
平均110万9600円111万1400円222円1000円

出典:平成30年度学生生活調査

表から分かるように、1年間の学費と生活費の合計が最も高いのは、私立大学という結果になりました。

一方で、合計が最も低い公立大学は、生活費をうまく削減することで1年間に掛かる費用を押さえているようです。

【一人暮らし大学生】1年間の平均収入

家庭からの給付奨学金アルバイトその他合計
国立大学116万5300円31万7900円34万5000円3万5500円 186万3700円
公立大学99万2400円37万7800円39万7800円3万5700円180万3700円
私立大学170万5200円42万9200円37万8300円4万9400円256万2100円
平均149万3600円39万3100万37万0200円4万4300円230万1200円

出典:平成30年度学生生活調査

一人暮らし大学生の収入では、家庭からの給付が約6割を占めています。

また、奨学金を借りて収入を賄っているいる学生も多いようです。

大学生の実家暮らしと一人暮らしの生活費比較

spilled coins from the jar

ここまで読まれた方は、大学生の1人暮らしに掛かる生活費を理解いただけたと思います。

そこで、次は「実家暮らし」と「一人暮らし」の生活費を細かく分けて比較していきます。

実家ぐらし一人暮らし
食費1万06702万4570円
住居費960円5万2910円
交通費7160円3370円
教養娯楽費1万0750円1万0990円
書籍費1740円1850円
勉学費1420円1870円
日常費6300円7120円
電話費1730円3370円
その他1790円2140円
貯金・繰越1万9610円1万2990円
支出合計6万2130円12万1180円

出典:学生生活実態調査

「実家ぐらし」と「一人暮らし」の支出合計を比較すると、一人暮らしが59,050円高いことが分かりました。

一人暮らしの支出合計が高い要因は、「食費」と「住居費」でしょう。

一方で、実家ぐらしは「交通費」が一人暮らしを上回っていますね。

どちらの環境でも、支出の大きな項目を認識しておくことで費用の削減に役立つでしょう。

大学生の生活費を節約する方法

大学生の生活費を節約する方法は5つあります。

  • 少しでも家賃が低い家に引っ越す
    家賃は支出の中でも、大きな割合を占めている費用の一つですよね。
    すでに一人暮らしをされている方も、引っ越しを検討してみてはいかがでしょうか?
  • シェアハウスをする
    シェアハウスは、さまざまな費用を半分で割れるので大幅な節約に直結します。特に、女性専用のシェアハウスは圧倒的に家賃が安いため、おすすめです。
  • まとめ買いをする 
    食費の節約と言えば、まとめ買いですよね。
    スーパーの特売日を把握しておくと、さらに節約できるでしょう。
  • 飲み物は買わない
    節約のためには、飲み物の購入は避けるべきでしょう。
    「お茶パック」や「水道水を沸騰させる」などが特に節約できるでしょう。
  • 作り置きをする
    食費の節約に作り置きは欠かせませんね。しかし、作り置きは栄養が偏りやすいので健康面の配慮が必要です。

▼さらに具体的な節約方法は以下をご覧ください。

大学生の節約術とは?一人暮らしにおすすめの節約法16選を紹介! 節約したい大学生 ・初めての一人暮らしで節約できるか不安・節約って具体的にはどんな方法がある? 大学生で一人暮らしをしている方...

大学生が生活費で困らないようにするには?

大学生が生活費で困らないようにするには、細かな工夫が欠かせません。

とはいえ、「細かな工夫とは?」とおもう方も多いでしょう。

細かな工夫の具体的な例は、以下の通りです。

  • いらないものをフリマアプリで売る
    いらないものをフリマアプリで売ると、売却の費用が発生しない上に、収益が発生しないため一石二鳥ですよね。
  • 買い物はクレジットカードを使う
    クレジット支払いをすると、ポイントが貯まるため現金よりお得です。
    楽天カードは、特にポイントが溜まりやすいでしょう。
  • 副業で収益を得る
    プログラミングや株など、副業で収益を得るのもおすすめです。
    全休や空きコマなどのスキマ時間を有効活用すると生産性が高まるでしょう。
  • 扶養の限界まで稼ぐ        
    意外と扶養の限界まで稼いでいる人は少ないですよね。リモートワークが可能な長期インターンを活用すると、時間を有意義に活用できるでしょう。
【最強】大学生が楽天カードを1ヶ月使ってみた感想 こんにちは、うしろです。 先日、下記のツイートをしました。 https://twitter.com/ushiro...

長期インターン関連の記事まとめ

プログラミング関連の記事まとめ

まとめ

今回は、「大学生の生活費から、実家ぐらしと一人暮らしの差、生活費の節約方法」を紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

大学ごとでも、支出にはかなりの差がありますよね。自分の環境に適した金銭管理をすることで、生活に余裕を持てるでしょう。

本記事を読んで、大学生活の資産運用計画に役立てていただければ幸いです。

以上、大学生ブロガーかめでした。

▼あなたにおすすめの記事

大学生の暇な時間を有効活用する6つの方法 こんにちは!大学生ブロガーのうしです。 先日下記のツイートをしました。 https://twitter.com/ushi...
大学生に必要なもの14選|現役大学生が必需品をまとめて紹介! こんにちは!大学生ブロガーのうしです。 これから大学生になる人 大学生なるうえで必要なものって何があるんだろう。大学生がどんな持...
【大学生が向け】一人暮らしであった方が良いもの5選 こんにちは!大学生ブロガーのうしろです。 これから一人暮らしを始める大学生の皆さん、家具家電選びって迷いませんか? 一人暮...

その他一人暮らし関連の記事はこちら

ABOUT ME
かめ
関東の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。座右の銘は「無知の知」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA