ガジェット

【AirPodsProレビュー】3万円も払う価値ある!?正直なデメリットは?

こんにちは、大学生ブロガーのかめです!

AirPodsProが
欲しい人
  • AirPodsProって3万円も払う価値あるの?
  • AirPodsProユーザーの率直な意見を聞きたい

本記事をご覧になっている皆さんの中には、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

一時期は「うどんみたい」と嘲笑されていたAirPodsですが、最近では街中でもよく見かけるようになりましたよね。

とはいえ、「みんな使っているけど自分が満足するかは不安」という方も多いでしょう。

そこで今回は、実際にAirPodsProを使用している僕が、「【AirPodsProレビュー】3万円も払う価値ある!?正直なデメリットは?」について徹底解説していきたいと思います!

AirPodsProは3万円を払う価値があるのか?

結論、「アップル製品を使用している方は購入を検討する価値がある」と僕は思いました。

AirPodsProに限らず、価値観は個人差がどうしても生まれてしまいます。

そのため、一概に「絶対に購入したほうが良い」と断定はできませんが、一つの意見として本記事をご覧いただけると幸いです。

ちなみに僕は、第1世代のAirPodsからAirPodsProに買い替えましたが、現状として非常に満足しています。

とはいえ、機能性や使用感に対して全く不満がないかと言えば、答えはNOです。

100%おすすめしたいところですが、皆さんには、本記事にて「デメリット」や「自分に適しているか」を見極めた上で購入を検討していただきたいです。

では、さっそく解説していきます!

実際に使用して感じたこと

ここでは、実際に使用して感じたことを率直に解説していきます。

ノイズキャンセリング・外部音取り込み機能

AirPodsProの購入を検討するにあたって、多くの人がノイズキャンセリング機能の感想を求めているでしょう。

また、ノイズキャンセリングを使用する上で欠かせない機能として、外部音取り込み機能があります。

かなり面白い意見だと思うので、斜め読みせずご覧ください!

ノイズキャンセリング

正直、ノイキャンには驚きました。

音楽を再生している状態はもちろん、無音の状態でも耳栓以上の役割を果たしてくれます。

とはいえ、この表現だと少しイメージしづらいですよね。

もっと具体的に電車内のシーンで例えると、話し声や線路の音は、ほぼ聞こえないですが、アナウンスは聞き取れるレベル。

さすがに無音とまではいきませんが、

「騒音が気になって通学中に読書ができない」
「騒音の中でも音楽を楽しみたい」

といった方は、かなり満足できる性能だと思います。

外部音取り込み機能

この機能を簡単に表すと、イヤホンをつけていない感覚が最も近いでしょう。

他のイヤホンと比較して、AirPodsProの外部音取り込み機能が様々な口コミで絶賛されていることにも頷けます。

他のイヤホンは、マイクから音を集音してスピーカーで再生しているといった感じの音質です。

しかし、AirPodsProは「イヤホン付けてたっけ?」と混乱してしまうほど自然に外の音が聞こえます。

ノイズキャンセリングより驚く方もいるかもしれませんね。

Apple製品との接続

AirPodsProの購入を検討する理由として、Apple製品との接続をあげる方も多いですよね。

これには、さすがAppleとしか言いようがありません。

接続したいApple機器の近くでAirPodsProの蓋を開けると、2秒ほどで接続表示が画面上に表れます。

あとは、接続をタップするだけなので、すべての工程を含めても5秒ほどあれば接続できてしまうでしょう。

Appleユーザーの方にとっては購入を大きく後押しするメリットですね。

防水機能

AirPodsとの相違点として、防水機能の有無がありますよね。

製品の箱や商品説明で「IPX4/生活防水」や「IPX7/完全防水」といった表記を目にしたことがある方も多いでしょう。

AirPodsProはIPX4レベルの防水機能が搭載されています。

IPX4を簡単に表すと、水しぶきはOKだけど、直接水をかけるのは故障の危険があるくらいの防水機能です。

僕もランニングや軽い運動で使用していますが、その程度なら全く問題ありません。

とはいえ、AirPodsでも普通に使っていたので、お風呂で使用するほどのことがない限り故障はなさそうですね。

音質

他のレビューを見た方で、「AirPodsProは音質悪いからやめとこうかな」と思った人も射るのではないでしょうか?

たしかに、他の3万円弱で売られているイヤホンと比較すると、音質が劣っている印象は否めません。

しかし、とにかく音質を求めている!という人でなければ、全く問題でしょう。

あくまでも3万円弱の価格帯にしては、、という条件でも評価になるため、1万5000円〜2万円ほどの音質を想定しておくと購入後のギャップが生まれにくいでしょう。

操作性

基本操作方法はAirPodsと変わりませんが、感圧センサーをタップしたときの感覚が微妙に変わりました。

モード切替は感圧センサーを長押しするだけなので、誰でも簡単に使用できるでしょう。

また、設定画面から「ノイズキャンセリング」「外部音取り込み」の他に「オフ」も選択できます。

フィット感

AirPodsProは、自分の耳にフィットするシリコンチップのサイズを3種類の中から選べる仕様になっています。

また、イヤーチップ装着状態テストで密閉されているかチェックしてくれるため、サイズ選びも困りません。

そのため、カナル型が苦手な僕でも問題なく使用することができています。

実際に使用して感じたデメリット

イヤホンにしては値段が高い

AirPodsを購入する上で、最大の障壁になるものは値段の高さでしょう。

たしかに、ノイキャンや外部音取り込みなどの機能が搭載されており、満足できる商品とはいえ、そもそもイヤホンに3万円をかけることに対して抵抗を感じる方もいるでしょう。

また、Bluetoothイヤホンはバッテリー内臓の消耗品なので、いつかは寿命が訪れます

これらを考慮すると、有線イヤホンなどの方がコスパ的に良いのは否めません。

すべての音を遮断するわけではない

当たり前ですがAirPodsProでも、すべての音を遮断するわけではありません。

ノイズキャンセリングの機能は本記事の前半で紹介したとおりで驚くほどすごいのですが、あまり期待を高く持ちすぎるとガッカリしてしまうでしょう。

ヘッドフォンでは約10年ほど前から、ノイズキャンセリングが普及していました。

しかし、イヤホンに搭載されるようになったのは数年前ですから、世間のノイズキャンセリングに対する理解が追いつかず、悪評されてしまうこともあるようです。

付けすぎると耳が痛くなる

AirPodsProは、付けすぎると耳が痛くなります。

物理的な痛みは当たり前ですが、ノイキャンなどの機能による圧迫・閉塞で不快感を感じるかたも多いようです。

ノイキャンで気分が悪くなったという例も見かけるため、購入前に試着して自分に適しているかを確認するべきでしょう。

充電の持ちが悪い

AirPodsは一回の充電で最大4.5時間の再生、または最大3.5時間の連続通話が可能です。

しかし、電車移動などから継続して使用すると、4.5時間では充電が持たないことがあります。

充電持ちの良いイヤホンでは7時間ほど持つものもあるため、充電持ちを最優先させたい方にはおすすめできません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「【AirPodsProレビュー】3万円も払う価値ある!?正直なデメリットは?」について解説させていただきました。

本記事で、AirPodsProの長所と短所をご理解していただけたと思います。

そのうえで、冒頭でも述べたとおり僕は「アップル製品を使用している方は購入を検討する価値がある」と思います。

日本は、スマホシェア率でiPhoneが約6割を占めているため、需要は高いでしょう。

皆さんが、AirPodsProを購入する検討材料になれば幸いです。

以上、ブロガーのかめでした!

▼あなたにおすすめの記事

【一番わかりやすい】Apple Watchの選び方!シリーズ徹底比較 Apple Watchの購入を検討している人 自分に合うApple Watchの選び方を知りたい各シリーズのスペックを比較したい ...
MacBook Air/Proユーザーにおすすめのアクセサリー・周辺機器10選! こんにちは!大学生ブロガーのうしです。 MacBookを所持している方の中には、「アクセサリー・周辺機器が欲しい」と思っている方...
【買って分かった】大学生にiPadがおすすめな3つの理由とメリット こんにちは!大学生ブロガーのうしです。 iPadが気になる大学生 大学生にiPadは必要なのかなiPadを使うメリットデメリット...

その他、ガジェットに関する記事はこちら

ABOUT ME
かめ
関東の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。座右の銘は「無知の知」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA