【誰でも出来る!】読書アウトプット方法から実践後の効果まで解説!

こんにちは、大学生ブロガーのかめです!

アウトプット質を向上させたい人
  • アウトプットの質を向上させたい
  • なぜ読書にアウトプットは重要なの?
  • 継続できるアウトプット方法を知りたい

読書におけるアウトプットに対して、このような疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

本を読んだことで満足せず、アウトプットをして自分の成長につなげたいですよね。

以前の僕も、たくさん本を読んだ優越感で満足していたうちの一人でした。

しかし、アウトプットのない読書は「時間が経つと内容を忘れいる」「本を読む前と後で成長を感じない」といったように読書の効果を最大限に発揮できていないことに気づきました。

そのような経験をしてきた僕が今回は、「【誰でも出来る!】読書アウトプット方法から実践後の効果まで解説!」について解説していきます。

  • 読書アウトプットの効果
  • 誰でも簡単にできるアウトプット方法
  • アウトプットするときの注意点
  • アウトプットへの理解が深まる本

読書アウトプットの効果とは?

どうせ読書をするなら、より自分の成長につながる方法で読書をしたいですよね。

そこでアウトプットが重要になってくるのですが、皆さんはアウトプットの意味をどのように捉えていますか?

この記事でのアウトプットは「本の内容を自分で咀嚼して、発信や活動に反映させること」です。

このことを念頭に置きながら、記事を読み進めてみてください!

では、解説していきます!

記憶に定着しやすい

読書アウトプットは、記憶に定着しやすくなります。

皆さんの中にも、「時間が経つと本の内容を忘れてしまっている」といった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

その原因は、インプットではなくアウトプットにあるかもしれません。

「強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話」の著者である宝槻泰伸氏は、幼い頃に行かようなアウトプットをしていたそうです。

たとえば、本を読んだら感想文を書く。もし感想文が長くなりそうであれば、口頭で説明(ドライブ中や入浴中)をさせられたそう。これは、本やマンガ(歴史ものや伝記など)の内容の定着をはかり、プレゼンの練習にもなりますよね。

このように、アウトプットは記憶の定着を助ける効果があるのです。

また、アメリカ・パデュー大学のカーピック博士の研究では「インプットよりもアウトプットを繰り返すことの方が記憶が脳へ定着しやすい」という結果が出ました。(science誌2008年2月号)

再読とアウトプットをして、より記憶に定着させましょう。

出典:こどもまなび☆ラボ

新しい知識が身につく

読書アウトプットは、新しい知識が身につきます。

本は、「自分と似た悩みの解決方法」や「普通に生きていたら出会わないお金持ちの人の話」といったように、さまざまな知識を身につけることができます。

読書最大の魅力は、日常では体験できないことを疑似体験できることでしょう。

その体験で得た知識を、自分の生活に行動として反映させることで初めて本質的な意味で読書をしたと言えます。

日常に反映させると、どんどん知識が発展していくため、自分の知識を広げるきっかけにもなるでしょう。

論理的思考が身につく

読書アウトプットは、論理的思考が身につきます。

とはいえ、「論理的思考って何?」と定義の曖昧さに疑問を覚えた方も多いのではないでしょうか?

論理的思考を簡単に表すと、以下の通りになります。

聞き手にとって分かりやすく、筋の通った構成で説明する思考法

普通に読書をするだけでも論理的思考を身につけられるでしょう。

しかし、より聞き手を意識して論理的思考力を身につける方法としては、読書アウトプットが最も有効でしょう。

頭では理解していても、いざ説明するとなると意外にできないものです。

将来的に必要なスキルは頭で理解している論理ではなく、「結局何が言いたいの?」と言われないように説明できるビジネススキルですよね。

アイコン名を入力

僕が今書いているブログも、論理的思考を身につけるアウトプットになりますね!

本質を応用する力がつく

読書アウトプットは、本質を応用する力がつきます。

頭の良い人などは読書で本質をインプットすることが得意ですよね。

しかし、本当の意味で本質を理解できている人は少ないでしょう。

読書における本質の理解とは、本で得た知識を自分の人生に応用して初めて意味のある知識になることだと思います。

たとえば、必ず東大に受かるという本で効率の良い勉強を方法を学んだとしましょう。

しかし、多くの人は「そもそも基礎知識が違う」「そんなに集中できない」といった理由でやる前から挫折してしまいます。

一方で本質を理解している人は、自分と他人は違うことを理解しているので、挫折しても能力の違いなどを言い訳にしません。

「この勉強法は、自分の〇〇に活かせるな」といったように自分の実力の範疇で最大限の効果を発揮させることができるのです。

また、このような応用は勉強だけでなくスポーツや人間関係など様々なことでも生きてくるでしょう。

読書を知識で終わらせず、「スキル」として身につけましょう!

基本的なアウトプットの方法

アウトプットは大きく分けて「話す」「書く」「行動」の3種類があります。

話す

読書アウトプットで最もハードルが低い方法は話すでしょう。

読んだ本の内容や感じたことを自分の言葉で言い換えることが重要です。

話すと、相手の感想や自分とは異なる視点からの意見などがフィードバックされますね。

また、大切なのは覚えたことを脳から出力することなので、独り言でも効果は期待できます。

書く

読書アウトプットと聞いて「書く」を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?

文章は、形としても残るため文脈や表現の誤りを可視化しやすいですよね。

書くアウトプット方法は、3種類のアウトプットの中で最も思考を整理できます。

そのため、とにかく思ったことを書いてみて後々、修正していくとより効果を実感できるでしょう。

行動が変わる

読書アウトプットで最も理想的なのは行動することでしょう。

読書をする最大の目的は行動が変化することですよね。

たとえば、必ず彼女ができる本を読んだとします。

  • 彼女の作り方を友達に話す(話す)
  • 彼女をノートにまとめる(書く)
  • 彼女を作るために好きな子に話しかける(行動が変わる)

上記3つの中で、最も前進してるのはどれでしょうか?

このように、最後は行動しなければ意味がないということが分かりますね。

成功は、挑戦したものしかたどり着けません。

失敗を恐れず、たくさん行動しましょう!

誰でも簡単にできるアウトプット方法4選

アウトプットの効果を最大限まで高めるには、アウトプット前提で読書をするという意識を持つということが重要です。

アウトプット前提のインプットは、疑問点や問題点を細部まで意識的に記憶しようとするため、結果的に記憶に残りやすくなります。

英文を覚える時に、黙読するだけではなく声に出して読み上げるほうが記憶の定着が良いですよね。

このように、無意識のうちにアウトプット前提のインプットをしている方も多いでしょう。

これを意識して行うのと、ただインプットするのでは記憶の定着に雲泥の差が生まれるでしょう。

アウトプット前提のインプットでより密度の高い学びを得ましょう。

SNSに感想を投稿する

SNSに感想を投稿する方法は、自分でアウトプットのハードルを調整できるため初心者におすすめです。

この方法は、第三者の率直な感想が聞けるため、モチベーションを維持しやすいでしょう。

読書のアウトプットというと、本の書評や要約などハードルの高いものをイメージしてしまう方も多いと思います。

しかし、SNSは文字数制限があるため、気楽に書けるでしょう。

また、知り合いのみで公開などに設定することで自由にハードルを経変化できるため、アウトプット初心者におすすめです。

読書ノートを書く

自分とじっくり向き合うアウトプットをしたい方は、読書ノートを書いてみてはいかがでしょうか?

読書ノートを他人に後悔するのは自由なため、率直な感想やアウトプットの知識を可視化しやすくなります。

他の方法と比較して、自分の意見と素直に向き合いやすいため、読書から得た知識をオリジナルのアイディアに繋げやすいことが特徴ですね。

他人にアウトプットを見られたくない人は、この方法が最もおすすめでしょう。

とはいえ、主観に陥りやすいという欠点も把握しておく必要があるでしょう。

読書アプリに記録する

読書アプリは、管理が楽で分類なども自由自在です。そのため、継続するのが苦手な方におすすめの方法と言えます。

読書アプリ最大の特徴は、読み終わった本の数やジャンルごとの分類などの読書データがパット見でわかることでしょう。

また、読みたい本がない状態に陥ってしまった時に、面白い本をオススメしてくれるため、良質な読書週間も構築できて一石二鳥ですね。

扱いの楽さや本を探す手間を省いてくれる読書アプリ、今すぐチェックしてみてください!

ブログでレビュー記事を書く

ブログでレビュー記事を書く方法は、深い内容理解と良質なアウトプットが期待できます。

ブロクは、他の方法と比較して文量や構成を思考する重要度が高まりますよね。

そのため、持論を客観視しつつ、ロジカルなアウトプットができるようになります。

とはいえ、最初は何を意識して書けばよいのか分かりませんよね。

ブログでレビュー記事を書く際のポイントは4つあります。

  • 誰に向けて書いているのかを明確にする(ビジネス本→就活中の大学生)
  • アウトラインを考えてから、本文を書く
  • 持論を交えて紹介する
  • とにかく書いてみる

これらを意識して書くだけでも、アウトプットの質は圧倒的に向上するでしょう。

アウトプットするときの注意点

本をすべて読もうとしない

本をすべて読もうとするのは、アウトプットをする時にハマりやすい落とし穴です。

たしかに、本は全て読んだほうがたくさん情報が得られると思いますよね?

しかし、読み始めた本の中には、面白くなかったり、内容が難しかったりのように合わないこともありますよね。

そのような時は、無理せず途中でやめてみましょう。

読書の本質は、読書で得た知識を自分の生活や人生に役立てることですよね。

ただ文字を追うだけでは、ほんとうの意味で読書をしているとは言えません。

その時は、自分に合わなくても時間が立ってから読んでみると面白いと感じることもあります。

つまらない本を無理せずにやめて、楽しみながらも意味のある読書をしましょう。

徐々にアウトプットの質を上げていく

アウトプット初心者の方は、徐々にアウトプットの質を上げていくことを意識しましょう。

最初はモチベーションが高いため、100%のアウトプットでも面倒に感じないと思います。

100%で取り組むことは重要ですが、何より継続できなければ本末転倒ですよね

スポーツや勉強も基礎から始めるのと同じように、読書アウトプットも最初は70%位を目安に初めて見ると良いでしょう。

読書アウトプットへの理解が深まる本

アウトプット大全

アウトプット大全は、精神外科医の樺沢紫苑氏が精神医学や心理学・脳科学の側面からアウトプットについて分かりやすく解説されています。

題名からも分かるようにアウトプットのあらゆるノウハウを学ぶことができる一冊と言えるでしょう。

アウトプット初心者の方は、導入として本書を読んでおけば間違いないでしょう。

読書はアウトプットが99%

読書はアウトプットが99%は、経営コンサルタントの藤井孝一氏が読書におけるアウトプットにフォーカスして解説されている一冊です。

ブログやSNS、読書アプリのように、第三者に伝えるアウトプット方法を実践したい方は、必ず読むべきでしょう。

この本を読むと、日常生活で使用するメールや手紙などでも相手にわかりやすい文章をかけるようになるため、アウトプット意外のシーンでも効果を実感できると思います。

よりお得に読書を楽しみたいという方は、Kindle Unlimitedに入会すると月額980円で200万冊が読み放題できます!

Kindle Unlimitedを30日間無料体験する

【最新版】Kindle Unlimitedとは?無料体験から利用方法まで解説! こんにちは、大学生ブロガーのかめです! 読書をたくさんしたい人 Kindle Unlimitedを利用する前にどのようなものか知...

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、「【誰でも出来る!】読書アウトプット方法から実践後の効果まで解説!」について紹介させていただきました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

読書アウトプットの効果
  • 記憶に定着しやすい
  • 新しい知識が身につく
  • 論理的思考が身につく
  • 本質を応用する力がつく
読書アウトプット方法
  • ・SNSに感想を投稿する
  • ・読書ノートを書く
  • ・読書アプリに記録する
  • ・ブログでレビュー記事を書く

アウトプットで最も重要なのは、まず内容を気にせず書いてみることです。

「案ずるより産むが易し」ということわざのように、始める前はあれこれ心配しますが、実際にやってみて試行錯誤するほうが最短で成長できるでしょう。

皆さんの人生が読書アウトプットでより豊かになれば幸いです。

以上、ブロガーのかめでした!

▼あなたにおすすめの記事

朝読書が持つ4つの効果とは!?注意点からお得な読書法まで解説! こんにちは、大学生ブロガーのかめです! 朝読書に興味がある人 朝読書ってどんな効果があるのかな?朝読書したいけど、忙しくて時間が...
【保存版】Prime Studentとは?6ヶ月の無料体験や料金半額などを解説 こんにちは、大学生ブロガーのかめです! Prime Studentを利用したい学生 Prime Studentを利用して、お得に...
【保存版】Prime Readingとは?無料体験から利用方法まで徹底解説! こんにちは、大学生ブロガーのかめです。 みなさんは、お得に電子書籍が読めるサービス「Prime Reading」を知っていますか...

その他、本関連の記事はこちら

ABOUT ME
かめ
関東の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。座右の銘は「無知の知」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA