Audible(オーディブル)とは?無料体験や実質聴き放題について解説!

こんにちは、大学生ブロガーのかめです!

  • Audibleってなに?
  • 忙しくて読書の時間がとれない
  • 日常のスキマで読書をしたい

日常生活で読書の時間を確保できない方の中には、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

Audibleは、日常のスキマ時間を有効活用して読書を楽しめる画期的なサービスなのですが、調べてみても説明が難しくてよくわからないところがあるでしょう。

そこで今回は、Audibleとは何か?という概要やサービスの特徴、Audibleの使用方法などを、分かりやすく解説していきます。

▼その他にも読書をお得に楽しむ方法があるので、以下の記事を覗いてみて下さい!

【時間とお金に困っている人必見】お得に読書を楽しむサービス3選 こんにちは、大学生ブロガーのかめです! 読書の費用を抑える方法を知りたい日常のスキマ時間で手軽に読書をしたい 皆さんの...

Audibleとは?

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供する「耳で聴いて読書を楽しむサービス」です。

プロの声優や俳優らが本の内容を朗読してくれるため、通勤時間や作業の合間などのスキマ時間を活用して「ながら読書」が可能です。

40万以上のタイトルを取り揃えており、「君の名は。」や「下町ロケット」などの映画やドラマ作品から、文学や洋書といったように幅広いジャンルを楽しむことができます。

よくある疑問として、「Amazon版 Audible」と「公式版Audible」の違いがわからないといった類のものを見かけます。

この2つは異なるサービスと思われがちですが、申し込む場所が違うだけで、その他に違いはないので安心して下さいね。

Audibleの特徴

料金

Audibleには、「無料会員」と「有料会員」があります。

  • 無料会員:1冊約2000円〜で単品購入できる
  • 有料会員:月額1500円で1冊無料。2冊目以降は30%OFF

無料会員は、オーディオブックを単品購入できます。オーディオブックの相場は2000円〜4000円と、比較的高価です。また、高価なものでは1万円を超える本もあります。

そのため、このオーディオブックだけ購入したいという方にはおすすめですね。

一方で有料会員は、月額1500円でコインが一つ付与され、そのコインで好きな本を一冊購入できます。オーディオブックの相場を考慮すると、1500円で1冊購入できるためお得ですね。

また、返品を利用することで実質聴き放題で利用することも可能です!

実質聴き放題の仕組みに関しては、後ほど解説しますね。

取り扱い作品数

Audibleは、前述でも述べたとおり40万タイトル以上を取り扱っています。そのうち約1万タイトルが日本語の和書です。

Amazonはアメリカ企業のサービスなので、洋書が多くなっていますね。取り扱い言語は、38カ国以上のコンテンツが用意されています。

ジャンルは、ベストセラーやビジネス書、自己啓発系、文学、ライトノベル、童話、教養、アニメなど豊富なラインナップが取り揃えられていますね。

聴けるデバイス

Audibleは、「iOS」「android」「Windows」のスマホやタブレット、PCなどで聴くことができます。

また、1つのアカウントで各端末の種類ごとに3台まで利用可能です。そのため、iOS3台、android3台、Windows3台の最大9台まで利用できますね。

30日間の無料体験

Audibleは、はじめて利用する方限定で30日間の無料体験が可能です。無料体験では、コインが1つ付与されるので好きな本を無料で聴くことができますね。

どんなサービスなのか体感してみて、合わなければ30日間の無料体験期間内に退会しちゃいましょう。

無料体験期間を終えると自動的に有料会員に移行してしまうことは覚えておく必要がありますね。

30日間の無料体験に申し込む

Audibleは実質聴き放題!?

Audibleは、返品制度を利用すると実質聴き放題での利用が可能になります。

Audibleの本は、毎月1つ付与されるコインを使って本一冊と交換できる仕組みです。

返品した場合は、その本の購入に使ったコインが返還されます。

この制度を活用すると、実質聴き放題で利用できるのです。

具体的な流れは以下のとおりです。

  1. 毎月付与されるコインで、本を購入する
  2. 購入した本を返品することで、コインが返還される
  3. 戻ってきたコインで、別の本を購入
  4. 聴き終えたら返品する

この流れを繰り返すことで、実質聴き放題で利用できてしまいます。

返品には制限回数があり、ネットの情報では8〜10回程度と言われています。

とはいえ、制限回数が来てもメールでカスタマーセンターに問い合わせると返品してもらえるので、実質回数制限はないと言えるでしょう。

無料体験期間中でも返品制度は利用できるので、試しにAudibleを体験してみてはいかがでしょうか?

Audibleのメリット・デメリット

  • スキマ時間での読書が可能になる
  • 目が疲れない
  • 返品を活用すると実質聴き放題になる
  • 活字が苦手でも問題ない
  • 紙や電子書籍と比較して、値段が高い
  • 読みたいところに戻るのが難しい
  • 要点だけを読み取るのが難しい

Audibleの使い方

会員登録の手順

  1. Audibleの会員登録ページにアクセス
  2. Amazonのアカウントにログイン
  3. 支払い方法と請求先住所を追加
  4. 「無料体験を試す」をタップして登録完了

オーディオブックを購入する手順

iOSデバイスの場合
  1. Audibleページにアクセス
  2. 購入するオーディオブックを選択する
  3. コインで購入する方→「Audibleコインで購入」をタップ
    クレジットカードで購入する方→「1−Clickで購入する」をタップ
  4. 「Audibleアプリで聴く」を押す
Androidの場合
  1. Audibleのアプリを起動する
  2. 購入するオーディオブックを選択する
  3. コインで購入する方→「Audibleコインで購入」をタップ
    クレジットカードで購入する方→「1−Clickで購入する」をタップ
  4. 「注文を確定する」を押す

オーディオブックを返品する手順

Audibleの有料会員は、オーディオブックを購入したあとでも365日以内であれば返品・交換が可能です。

  1. Audibleのサイトにアクセス
  2. ホーム画面のメニューボタンから、「アカウントサービス」を選択する
  3. Amazonアカウントでサインインする
  4. 購入履歴をタップしたあと、返品する作品を選択する
  5. 「返品する」を押し、タイトルを返品する理由を選ぶ
  6. 「返品する」をタップする

Audibleを解約する手順

Audibleを解約すると、保有していたコインは全て消失し、再入会しても復活しないので解約前に確認しておく必要があります。

とはいえ、購入したタイトルについては解約後も聴けるので安心して下さいね。

また、解約はPCサイトのみでしか手続きができない仕組みになっているようです。そのため、スマホからの解約をされる方は、PC版サイトを開いて解約手続きをしましょう。

これらを踏まえた上で、解約手順を解説していきます。

  1. AudibleのPCサイトで「アカウントサービス」を選択
  2. 「退会手続きへ」をタップ
  3. 「このまま退会手続きを行う」をタップ
  4. 退会する理由を選択して、「次へ」をタップ
  5. 「退会手続きを完了する」をタップ

まずは30日間の無料体験から始めてみよう

いかがだったでしょうか。

今回は、Audibleとは何か?という概要やサービスの特徴、Audibleの使用方法などを解説してきました。

最後にもう一度この記事のポイントをおさらいしましょう。

この記事のポイント

  • Audibleは、「耳で読書を楽しむサービス」
  • Audibleは、月額1,500円で実質聴き放題
  • 30日間無料体験でも、聴き放題

読書の時間を確保できない人こそ、Audibleを利用してスキマ時間で読書を楽しんでみてはいかがでしょうか?

とはいえ、最初から有料会員はおすすめできません。まずは無料でAudibleを体感してみると良いでしょう。

以上、ブロガーのかめでした!

▼あなたにおすすめの記事

【最新版】Kindle Unlimitedとは?無料体験から利用方法まで解説! こんにちは、大学生ブロガーのかめです! 読書をたくさんしたい人 Kindle Unlimitedを利用する前にどのようなものか知...
本を読む人と読まない人の違いとは?読書法を変えるだけで効果UP!? こんにちは、大学生ブロガーのかめです! 読書を習慣化させたい人 本を読む人と読まない人の違いを知りたい読書の習慣を継続す...
本要約サービスFlierとは?YouTubeやネットにある要約との違いは? こんにちは、大学生ブロガーのかめです! 読書を短時間で効率的にしたい読書はしたいけど、忙しくて時間が取れない 日常生活...

その他、本関連の記事はこちら

ABOUT ME
かめ
関東の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。座右の銘は「無知の知」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA