インターン

【失敗しない】オンライン面接で絶対に抑えておくべき11のコツ

こんにちは!大学生ブロガーのうしろです。

コロナの影響もあり、最近はZoomなどを使ったオンライン面接が増えてきました。

初めてオンライン面接をする方は、どうすればいいか分からず不安だと思います。

しかし、
きちんとコツを知れば、印象がグッと良くなったり、
オンライン面接特有の失敗を防いだりすることができます。


ですので今回は、

オンライン面接で絶対に抑えておくべき11のコツ
についてご紹介していきます。

面接の数時間前には事前確認をしておく

まず、オンライン面接の際は絶対に事前確認を欠かさないようにしましょう

何か不具合があったら大変です。

基本的に事前確認するのは、

  • カメラ
  • マイク
  • 通信環境

の3つですね。

また、数時間前に確認しておくことで、何か不具合が発生した場合でも冷静に対処できます。

不具合が面接に何かしら影響を及ぼしそうな場合は、早めにそのことを面接先に伝えておきましょう。

カメラの位置は目の高さと同じにする

カメラの位置を高くすることで、顔に光が当たって明るく見えます
また、高さを目と同じ位置にしておけば、視線がより自然になるのでオススメです。

パソコンの高さは、本や辞書を使うと良い感じに調節できます

ちなみに、顔は出来るだけ明るい方が良いので、部屋もしっかり明るくしておきましょう。

部屋はきれいにしておく

だいたい分かると思いますが、部屋が散らかっていると印象が悪くなります。
面接の前にカメラをセッティングして、どんな感じで映るのか事前に確認しておきましょう

「多分ここは見えないだろう」
と思ったところが映ってることって結構ありますのでね。

カンペはできるだけ見ない

カンペを読んでも多分シンプルにバレますね

オンライン面接は顔がはっきり見えるため、目が泳いでたらすぐ分かります。話し方も多少変わりますし。


僕は最初の面接で一部カンペを見て話したのですが、自分でも分かるくらい視線が動いてました。


もし、どうしても不安な場合は、
パソコンの横にキーワードが書いてある付箋を貼っておけば良いかと思います。

面接官の名前を抑える

面接官の名前を覚えることは重要です

面接の画面に接続できたら、まず初めに画面上にある面接官の名前を確認しましょう。

名前が表示されてなかったり、ニックネームだったりした場合は、
自己紹介のタイミングで名前をサッとメモしましょう。


そうすることで逆質問の時になどに、
「〇〇さんは、〜〜」という感じで名前を言えるので好印象につながります。

表示される自分の名前はフルネームにする

ニックネームやイニシャルは、面接には相応しくないでしょう。

面接を受ける前に表示される自分の名前を確認し、
もしフルネームでなかった場合は、設定で変更しておくと良いと思います。

リアクションは2倍増しにして話を聞く

オンライン面接の場合、お互い画面を見るので、目が合いません。
さらに、画面上だと相手の動きが分かりづらいです。

よって、面接官は
「私の話しっかり聞いてるのかな?」
と思ってしまいます。

オンラインの面接の際は、
通常の倍くらいリアクションをとるように意識しましょう

上下ともしっかりした服を着る

カメラには胸から上しか映らないのでつい、

「下の格好はなんでもいいや」
と思いがちです。

気持ちは分かりますが、
一応ズボンもしっかりしたものを履いておきましょう

例えば、面接中に荷物が届いてしまった場合。
あなたが移動したときに、だらしない格好を見られてしまうかもしれません。

強調したい言葉の時はカメラ目線を意識する

オンライン面接は、基本的に画面を見ながらするので相手と目が合うことがありません。

なので、
強調したいことを言う時にカメラを見ることでメリハリをつけることができます

ずっとカメラを見てしまうと、顔を見てないなと判断される可能性があるので気を付けましょう。

早めに待機しておく

送られてきたURLにはだいたい10分前に入っておけば大丈夫です
一応待ってる間は、しっかり画面を気にして待っておきましょう。

これは僕の体験なのですが、
以前オンライン面接で人事の方を待ってる時に、まだ大丈夫だろうと携帯を触ってたんですね。
少し経ってPC画面をパッと見たら、面接官が少し怖い顔をしてこっちを見ていました笑。

油断していたらこんなこともあって焦るので、皆さんは気を付けてください。

なるべく自宅で受ける

カフェや学校で面接受ける場合があるかもしれませんが、
基本的には家で受けるのが一番良いです


雑音や何かしらの形で邪魔が入る可能性があるので。

また、
自宅の生活感が多少見えるのも面接官的には好印象のようです

まとめ

という感じで、今回は

オンライン面接で絶対に抑えておくべき11のコツ

についてご紹介しました。

まとめると、

  1. 面接の数時間前には事前確認をしておく
  2. カメラの位置は目の高さと同じにする
  3. 部屋はきれいにしておく
  4. カンペはできるだけ見ない
  5. 面接官の名前を抑える
  6. 表記される自分の名前はフルネームにしておく
  7. リアクションは2倍増しにして話を聞く
  8. 上下ともしっかりした服を着る
  9. 強調したい言葉の時はカメラ目線を意識する
  10. 早めに待機しておく
  11. なるべく自宅で受ける

の11個です。

個人的に最も大事なのは、
①の「面接の数時間前には事前確認をしておく」ですね。

ぜひ参考にしてみて下さい!

以上、大学生ブロガーのうしろでした。

▼あなたにおすすめの記事

【回答例付き】長期インターンの面接でよく聞かれた15の質問 こんにちは!大学生ブロガーのうしろです。 長期インターンを志望している皆さん、こんな悩みはありませんか? どんな質問がく...
【大学生必見】長期インターンに採用されるためにやるべき5つのこと こんにちは!大学生ブロガーのうしろです。 長期インターンに行きたい大学生の皆さん、なかなか採用されなかったり、何をすれば良いか分...
長期インターンの探し方3選|重視すべきポイントも経験者が解説 こんにちは、現役大学生ブロガーのうしろです! 大学生 どうやって長期インターンを探せば良いのだろう?後悔しない長期インターン探し...
ABOUT ME
うし
都内の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。 座右の銘は、「時は金以上なり」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA