プログラミング

【経験談】大学生がプログラミングを勉強するべき3つの理由

今やりたいことはないけど、漠然と何かしたい気持ちがある。
自由に遊べる大学生活は楽しいけど、自分の将来が不安。
プログラミングに興味があるけど、なかなか踏み出せない。

こんなことを考えている大学生の方は、プログラミングを学ぶことをオススメします。

大学生のうちにプログラミングスキルを付けておくと、自分の可能性が大きく広がりますし、より充実した大学生活が送れるようになるはずです。


ということで今回は
大学生がプログラミングを勉強するべき3つの理由」をご紹介します。

✔️本記事の内容

  • 大学生がプログラミングを勉強すべき理由
  • プログラミング学習のデメリット
  • オススメのプログラミング言語
  • オススメの学習方法
  • プログラミングスクールの選び方



✔️本記事の信頼性

現在はプログラミングを辞めていますが、
大学1年生の冬からプログラミングを8ヶ月ほど勉強していました。
独学もプログラミングスクールも経験したので、その時の体験もとにお話しします。

大学生がプログラミングを勉強すべき理由

僕が思うに、大学生がプログラミングを勉強すべき理由は3つです。

  1. 時間が膨大にある
  2. 将来の可能性が広がる
  3. 学生のうちに大きく稼げる可能性がある

それぞれ解説します。

時間が膨大にある

大学生は「人生の夏休み」と言われるくらい時間があります。
そのため自由な時間が多い大学生は、プログラミングを学習するのに最適です。

プログラミングはある程度のスキルをつけるのに3ヶ月はかかると言われています。

社会人になったら、
「毎日仕事でが忙しくて3ヶ月もプログラミングに時間を費やせない!」
なんてことになるかもしれないので、学生のうちに余裕も持ってプログラミングを学ぶことをおすすめします。

将来の可能性が広がる

プログラミングを学習すると、エンジニアを目指すことができるので将来の可能性が大きく広がります。


エンジニアは専門職で、プログラミングスキルが必須です。そのため、エンジニアになりたい多くの大学生がプログラミングを勉強しています。

また、自分で案件を取れるくらいのスキルを身につければ、時間と場所に縛られないフリーランスエンジニアの可能性も十分見えてきます。



フリーランスエンジニアは再現性が高いので、
「会社に入りたくない!」という思いがある人は一度プログラミングを触ってみると良いでしょう。

学生のうちに大きく稼げる可能性がある

学生がプログラミングで稼ぐなら、
・インターン
・案件をとる


主にこちらの2つが考えられます。

エンジニアインターンは、プログラミングスキルが必須なのでアルバイトやその他インターンの平均よりも高い時給がもらえる場合が多いです
中には月30万円以上稼ぐ人もいるんだとか。

また、自分で案件を取った場合も大きく稼げるようになります。この場合も月30万円以上稼いでる人はいますね
その分責任や求められるスキルは多いですが、自分の力だけでお金を稼いだ経験は、将来の安心感や大きな自信につながると思います。

また、非常に稀なケースではありますが、自分が開発したサービスがヒットしてそこから大きな利益が出る場合もあります。
「Facebook」「タイミー」「BASE」なんかが良い例ですね。

プログラミング学習のデメリット

プログラミング学習にもデメリットが3つあります。

  1. シンプルに難しい
  2. 時間がかかる
  3. スクール代やPC代はかなりお金が必要

こちらもそれぞれ解説します。

シンプルに難しい

プログラミングって結構難しいんですよね。プログラミング独学で挫折する可能性は約90%と言われています。

僕も一度独学で勉強している時に挫折しましたね。難しすぎて。

後にスクールに行ってなんとかなりましたが、独学でやっていたらまた挫折していただろうと思います。

ただ、難しいからと言って最初からチャレンジしないのはもったいないかなとも思いますね。

時間がかかる

前述にもありましたが、プログラミングスキルをつけるには約3ヶ月かかります。

それ以上基礎学習をやるとシンプルに辛いです。

3ヶ月を短いと捉える方もいるかもしれませんが、実際やってみた感想としては長いなという感じでした。

しかも一日一日のコミット量は多いので、
プログラミング学習をする際はある程度の覚悟と時間の確保が必要ですね

スクール代やPC代はかなりお金が必要

一般的にプログラミングスクールで学習すると、20万円〜60万円くらいかかります。

それだけでも十分高いのですが、本気でエンジニアを目指す場合はMacBookを買った方が良いので、それでまた20万ほどかかります。

シンプルに高いですね。

ちなみに僕の場合は、
プログラミングスクールに20万
MacBookに20万 
合計40万円ほどかかりました

まぁでも、エンジニアの年収は高いので後からいくらでも回収できますし、Macは最高のパソコンなので、個人的には良い買い物だと思います。

ちなみに僕は現在プログラミングをしていませんが、それでもこの金額を払ったことに後悔はありません。

オススメのプログラミング言語

僕のオススメするプログラミング言語は4つあります。

  1. JavaScript
  2. Ruby
  3. PHP
  4. Python

この辺りですね。

中でも僕が最もオススメしたい言語はRubyです。
プログラミング初心者が一番学びやすい言語だからです。

なぜ学びやすいのか具体的に述べると、

・日本人が作った言語だから日本語の情報が出てきやすい
・コードがシンプルで短い
・可読性も高い

こう言った理由があります。


ちなみに、プログラミングは1つの言語をマスターすれば、他の言語の習得しやすくなります。
そう言った意味でも、まずは学習しやすい言語のRubyを勉強するのが最適かと僕は思います。

オススメの学習方法

大学生がプログラミングを学習するには、

・独学
・プログラミングスクール
・インターン

こちらの3つが挙げられます。


まず、独学かスクールに行くかという点ですが、、、

結論、とりあえず独学でやってみるのが良いですね。


独学で躓いたり、もっと効率良く学びたいと思ったりした場合はプログラミングスクールに行くのがオススメです。

プログラミングスクールで3ヶ月ほど学習したら、ポートフォリオ(自作アプリ)を作りましょう。
※独学でポートフォリオを作っても良いのですが、正直かなり難易度が高いです。


ポートフォリオを作成したら、それをアピールの材料にして案件をもらって稼ぐもよし。
インターンに行って経験を積むのも良し。って感じですかね。

ちなみに、インターンでは実務経験が積めるので就活の際非常に役立つと思います。

プログラミングスクールの選び方

現在、世の中には非常に多くのプログラミングスクールがあります。

僕がオススメするプログラミングスクールは以下の3つです。

  1. TechAcademy [テックアカデミー] (オンライン)
    受講料が20万円くらい。大手でここまで値段が安いスクールはない
    受講者も多く、非常に人気のスクール。
  2. テックキャンプ(オンライン&オフライン)
    マコなり社長の運営するプログラミングスクール。満足度が高く、転職サポートや挫折させない環境が整っている
  3. デイトラ(オンライン)
    圧倒的なコスパの良さ。なんと10万円以下でプログラミングが学べる
    (僕が初心者に戻るならこれを選ぶかも)


一応、オススメのプログラミングスクールをリストアップしましたが、今はスクールがあふれているので、きちんと調べて自分にあったところを見つけましょう。

ちなみに僕はテックアカデミーを受講しましたが、非常に満足できました。


テックアカデミーの詳しいレビューはこちら👇

【卒業生が語る】テックアカデミーの評判はどうなのかを徹底解説 こんにちは!大学生ブロガーのうしろです。 ・テックアカデミーを受講しようと思っているけど評判ってどうなの?・受講して損しないか...

テックアカデミーでは無料体験も行っているので、気になる方はぜひ👇

まとめ

ということで、今回は

大学生がプログラミングを勉強するべき3つの理由」というテーマで書いてみました。


まとめると、

  1. 時間が膨大にある
  2. 将来の可能性が広がる
  3. 学生のうちに大きく稼げる可能性がある

以上の3つです。


プラスαで、

  • プログラミング学習のデメリット
  • オススメのプログラミング言語
  • オススメの学習方法
  • プログラミングスクールの選び方

こういったこともご紹介させていただきました。



プログラミングを学習して人生が変わった!という大学生の方もいます。

あなたも1度プログラミングを経験してみてはどうでしょうか?

今回は以上になります。

ABOUT ME
うし
都内の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。 座右の銘は、「時は金以上なり」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA