大学

【短期留学】経験者解説 短期留学のメリット・デメリットとは?

留学を
悩んでいる人

短期留学しようか迷っている。
短期留学って役に立つのかな?
短期留学ってどんな感じなんだろう?

今回は、こういった悩みを持っている方に向けて、

短期留学のメリット・デメリット」について解説します。

✔️本記事の内容

  • そもそも短期留学とは?
  • 短期留学のメリット
  • 短期留学のデメリット
  • 短期留学はどんな人におすすめ?
  • 短期留学にオススメの国
  • 短期留学した後どうするの?

✔️本記事の信頼性

トモロー

僕はこれまで短期留学を3度経験しています。
今回はその体験談を含めて、短期留学について解説していきたいと思います!

そもそも短期留学とは?

そもそも短期留学とはなんぞや、というところから解説していきます。

短期留学は、1週間から3ヶ月くらいの期間で留学することです。
ホームステイ or 寮生活をしながら英語学校に通って異文化を感じことができます。


短期留学にかかる費用は、留学期間や留学先によって様々です。
具体的な相場は、下記の表が参考になると思います。

1週間1ヶ月3ヶ月
アメリカ20~30万円20~40万円55~120万円
イギリス20~30万円20~60万円60~100万円
カナダ20~30万円30~50万円70~120万円
ニュージーランド20~30万円30~50万円60~80万円
オーストラリア20~40万円25~70万円50~120万円
フィリピン15~30万円30~50万円80~150万円
参考:https://ryugaku.net/12381

また短期留学は長期留学と違って、修学・就労ビザが要らず、ほとんどの場合は観光ビザで留学することができます。

短期留学のメリット

次に短期留学をするとどんなメリットがあるのか解説していきます。

短期留学をするメリット

  • 休みの間に行ける
  • 異文化を旅行とは違った形で経験ができる
  • クラスのほとんどが外国人という状況に慣れられる
  • 自立ができる
  • 後々長期留学をしようと思ってる人は練習として行ける

休みの間に行ける

やっぱり休みの間に留学ができちゃうって大きいです。

一番短期留学に行く人が多い休みは夏休みですよね。僕も夏休みに一回しました。

そのときにはいつも無駄にしていた夏休みをとても有意義に使えてよかったと感じました。

異文化を旅行とは違った形で経験ができる

僕は留学する前に何回か家族で海外旅行したのですが、全て親任せでただリゾートを楽しんでいました。

しかし、留学はリゾートに行くわけではないので、自分1人で生活するためにスーパーに行ったりバスや電車に乗ったり、ホストファミリーと会話したり。海外で”外国の生活“をリアルに体験できました。

その生活をしていく中で、これまで気づけなかった海外と日本の生活の違いや文化のギャップに気づくことができます。

実際この違いは日本にいても分かりそうですが、実際に行って肌で感じ経験することで刺激をもらうことが重要だと思いました。

僕は留学で刺激をもらって1回目の留学の前と後で考えや価値観が変わりました。

クラスのほとんどが外国人という状況に慣れる

そもそも日本じゃ周りの全員が外国人なんていう状況は作れませんよね。

それを経験でき、1ヶ月くらいの間に慣れることができます。

この環境を短期留学で体験できることこそが留学の醍醐味ですよね。

僕も最初はめちゃくちゃ動揺して緊張していましたが、帰るときにはクラスに普通に馴染めていました。それに海外の同年代の学生と交流できたのでとてもうれしかったです。

自立ができる

一人暮らしの大学生じゃない限りほとんど実家で暮らしていますよね?

僕も実家で生活していて、1人で生活なんてしたことなかったです。しかし、留学で寮生活をした時に初めて自分で全ての身の回りのことをしました。

さらに、飛行機の搭乗、休日の観光なども1人で行動しました。これらのお陰で本当に自立できました。

いつも母親任せだった僕からすると大変でしたが、慣れると自分に自信もついて「海外で僕は生活ができてる!!!」という自己肯定感をあげることがきます。

これは本当に一石二鳥じゃないですけど、留学で異文化に触れるという目標以外に身についたことです。

長期留学の練習になる

僕もそうなのですが、コロナの状況を見つつではありますが来年に一年ほど留学できたらなと思っています。

その上で、いきなり長期に行かずに短期で海外に慣れといてよかったなと思っています。

もちろん、これは絶対というわけではないです。しかし、後々長期留学を考えている人は時間とお金に余裕があればおすすめです。

短期留学のデメリット

次に短期留学をするとどんなデメリットがあるのか解説していきます。

  • 英語力は伸びない
  • 日本に帰って留学先に戻りたくなる
  • プログラムだと日本人が多い

英語力は伸びない

英語力をめちゃくちゃ伸ばしたいって思っていく人にはおすすめできません。

数週間から数ヶ月いたところでそこまで英語力は伸びないのが事実になります…

しかし、その中でリスニングは成長します。ホームステイすれば、毎日のホストファミリーとの会話とかで成長はできます。

日本に帰って留学先に戻りたくなる

僕は留学に3回行って3回ともなったことなのですが、逆ホームシックみたいな感じで留学先に帰りたくなってしまいます。

せっかく仲良くなった友達やホストファミリーとの別れは悲しいですし、楽しかった思い出がいっぱいで帰って来るのでどうしてもこの現象は起きてしまいます。

この現象のせいで僕は日本について1ヶ月は上の空でした笑。

プログラムだと日本人が多い

僕は高校のプログラムで3回のうちの2回短期留学に行ったのですが、もちろん同じ高校の生徒も行くので休み時間や寮に帰っても英語ではなく日本語を使いがちになってしまいます。

これは大きなデメリットです。数週間、数ヶ月しかない貴重な時間なのに日本人と日本語でつるんでも意味ないですよね。

これは分かっていても、ついやりがちです。だから、僕は高校のプログラムではなく、旅行会社や留学サポート会社などで申し込んだ方がいいなと思いました。

短期留学はどんな人におすすめ?

次に短期留学はどんな人におすすめか解説します。

高校生

高校生はめちゃくちゃおすすめです。

時間も休みの期間ならあるし、時間がたっぷりある大学になる前に自分の視野を広げるためにもいいと思います。

海外経験ほぼゼロの大学生

僕は大学生になってまでも短期で留学行くのは時間の無駄かなと感じています。その時間があるならインターンをやったり他の勉強をした方がいいと思っています。

また、留学をしたいのなら大学生は長期の方がと思います。しかし、海外経験が全くない大学生なら練習として、自分が留学できそうかなど見極めるのに良い場だと思っています。

留学におすすめの国

留学タイムズによると短期留学のオススメ国は、

  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • シンガポール
  • アイルランド
  • マルタ
  • アメリカ
  • カナダ
  • フィリピン

以上の9ケ国でした。

ちなみに僕は、

  • イギリス:ケンブリッジ
  • アメリカ:カルフォルニア
  • カナダ:バンクーバー

に行きました。

どの国も過ごしやすかったのでおすすめです!

短期留学した後どうするの?

ここが一番重要だと思います。

僕は短期留学で海外にとても興味をもったので海外で働くという選択肢が広がったり、大学で長期の留学をしようと思っています。

このようにきっと短期留学をすることによって刺激をもらい、やりたいことなどがよりはっきりしてくると思います。

そうしたら、
短期留学をした時間・お金・経験を無駄にしないためにその目標に向かって努力することが大切です!!

まとめ

ということで今回は、

短期留学のメリット・デメリット」について
僕の経験を用いながら、ご紹介してきました。

短期留学はメリットもデメリットもありますが、最高の経験になることは間違い無いです。

僕は1回目の留学のときに母親に無理矢理行かされましたが、実際に行ってみたら、とても楽しく良い経験ができました。

僕のように短期留学に3回も短期留学に行く必要はないですが、
興味がある方はぜひ一度短期留学に行ってみると良いでしょう。

今回は以上です。

ABOUT ME
うし
都内の大学に通う鹿児島県出身の大学3年生。一部上場企業でライティングのインターンをしながら、幼なじみと大学生向けブログを書いています。 座右の銘は、「時は金以上なり」です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA